pws水ってなあに?

水処理にたいしては、大きく分けて2つの考え方があります。

第1は溶け込んでいる物質、混在している物質を出来るだけ取り除こうという方法です。第2は美味しい水、あるいは身体によい水にするために、ミネラル成分を加減する方法です。

pwsはいずれの方法にも属しません。

pwsシステムは、たとえ水の中に有害な物質が混入したとしても、特殊な鉄塩の磁気作用によって、その直接の作用を抑制し、さらに体内の働きを活性化するシステムです。

理論的解明は途中段階ですが、水の分子の違いが、生体関連の生物代謝に大きな影響を与えるという実証例が、次々に報告されています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   pwsの応用分野

化粧品・毛髪分野

農業分野

食品加工分野

工業分野

・・・・・・・・・・・・・

pwsの作用

修復機能の向上

微生物の異常増殖抑制

有害イオン反応の抑制

生理機能の増進

環境変化への適応

(詳しくは下記にて)

・・・・・・・・・・・・・

生活環境へのpws

料理に・まな板などキッチンの除菌に・炊飯に・野菜の洗浄に・

お酒の水割りに・コーヒー・紅茶に・飲料水として・喫煙消臭に・

衣類の帯電防止に・消臭に・お部屋の除菌に・洗顔後の膚に・

口臭予防に・鏡の曇り止めに・トイレの除菌、消臭に・

ペットの消臭に・ペットの飲料水に・切り花に・靴類の消臭に・

ドアノブの除菌に・観葉植物に・虫刺されに・やけど、切り傷に

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<<<<<<< pwsの素晴らしい効果>>>>>>

 生理機能増進

  ●老化防止・成長促進・養毛・保湿性●

減退しがちな生体の生理機能、情報伝達機能をpws水によって                            正常化させることができるので、美しく健康的な身体にし、アトピー性皮膚炎のような過敏感反応を押さえ、回復することができます。

植物でも、発芽,発根効果を高めるので、連作障害、病害虫を克服できるpws農法として適用され、高い評価を得ています。

 

再生能力の強化

  ●組織修復・若返り・発毛●

皮膚分泌機能の低下による老人性乾皮症、毛根組織の機能萎縮による

脱毛症などをpws機能回復効果を活用して治癒、再生させることができます。また、病害に侵された農作物や魚介類の回復にも素晴らしい効果が得られています。もちろん薬ではありませんので、副作用は全くありません。

 

環境適応性

  ●鮮度保持・pws農法・ペット飼育●

オゾン層の破壊による有害紫外線の増加傾向にある中で、皮膚がんの発生件数が増えています。pwsはこのような厳しい生育環境の中で

生物が対応できるような能力を引き出すことができます。

pwsのこのこの機能を応用した、魚の混合飼育はあまりにも有名です。

 

微生物の異常増殖の制御

  ●発酵食品・発酵促進・純粋培養●

pwsは、皮膚常在菌、口内細菌群・腸内細菌など、生体内外の有用菌の正常な住み分け環境を整えます。その生態学的な防衛機能によって病原性微生物の異常増殖によるトラブルを制御できます。

 

イオン反応阻止

  ●紫外線防御・サンスクリーン・公害防止●

pwsは化学物質などのイオンの反応性を選択制御することができます。また、活性酸素の有害反応や有害紫外線の生体に対する攻撃を防止するので、過酸化脂質の蓄積が原因の老化防止にも効果があります。

 

参考著書 

「母なる水」

地球環境と人間を救うpws(パン・ウォーター・システム)

深山 喬 著